白髪の原因

白髪の原因は?

それにしても、なんで白髪が出てくるのって、ちょっと疑問に思ったので、白髪の原因について調べてみました。

 

白髪の原因は、まだすべてはわかっていないようですが、いくつかの原因はわかっています。
髪の色は、毛髪に含まれる「メラニン色素」によって決まります。「メラニン色素」は、皮膚の日焼けの原因にもなっているので、ご存じの方も多いでしょう。
さまざまな原因によって、このメラニン色素がつくられなくなると、その毛髪は白髪となってしまいます。
いま現在わかっている白髪の原因は、以下のとおりです。

 

遺伝

白髪の原因の多くが、この遺伝の影響だろうと言われています。
同じ家系に白髪の人が多い場合、かなりの割合で白髪がでてくると思っていいでしょう。
遺伝によって起こる白髪は、メラニン色素が髪に送り込まれにくいという体質のことが多いです。
老化による白髪をのぞくと、ほとんどの若白髪や子どもの白髪が、遺伝の影響によると言われています。

 

生活習慣

生活習慣も白髪が生えてくる原因のひとつです。
乱れた食生活、運動不足、睡眠不足、不規則な生活、ストレスなどの生活習慣が白髪の原因となります。

 

病気

胃腸障害、貧血、甲状腺機能の病気などがあると、白髪になることがあります。
また、薬の副作用や、がんの放射線治療などでも、白髪が生えてくることがあります。

 

老化

髪の色であるメラニン色素は、メラノサイトという細胞でつくられます。
細胞ですので老化が進んでくると、メラノサイトの機能もおとろえ、メラニン色素を作りにくくなってきます。
老化による白髪の原因は、ほとんどがこのメラノサイトのおとろえだと言われています。